イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ここ最近のこと

最近のことをまとめて

d0111350_20541722.png


●ハコイチに出店しました
グズグズしていたら随分経ってしまいましたが
先月のハコイチお越しくださった方々ありがとうございました。
初参加でしたが久しぶりなのんびりと過ごすあの雰囲気
最初に見てくださったご婦人は着物の小物を見にハコイチへ来られるそうで
「帯止めにつかう」とうさびのバッジをご購入いただいたりと
このごろの主流な同人系イベントに比べやっぱり客層が色々で
そういう意味もあってとても面白かったです
次は未定ですがまた行きたいなぁと、出店でなくても楽しいハコイチ
お客さんや他の作家さん方ともお話しさせていただいたり
私自身あれこれお買いものさせていただき大変楽しかったです。



d0111350_20543677.png

●滝本晃司さんのライブに行ってきました
少し前にたまたまなんの気なしに久しぶりに
滝本晃司さんのHPをパーッと見ていたら近く広島でライブがあると。
広島!?行ける!友達住んでるし誘おう!と行ってきましたー
ほんと、あんまりそういう情報をマメに見ない方なもんだから
知れて良かったあー!と、すっごく楽しかったです。
広島の喫茶店ヲルガン座でのライブ。
生滝本さんは『たまの映画』の時に来場されたので聴いたことあったのですが
ライブは初めて、元たまメンバーのライブ自体初めて
弾き語りでの「夏の前日」は初めて聞いたのですが
同じ曲とは思えないほどのカッコよさでびっくり。
たまの時の、あのチャカポコが無くなってひたすらカッコいい滝本さんソロ
いやあれは危ない・・・逃げ出したくなるぐらいカッコよかったです。
この日は広島のバンド「ビッグロウ」との共演奏があったのですが
そちらがまたすばらしく楽しかったです。
狭いステージに5人でギュウ詰めになって、背後のカーテンにちょっと埋まりながらの演奏
パーカッションには桶やら缶やらが含まれて
ビッグロウのみなさんのコーラスに滝本さんの歌声がさらに魅力的になるような
ソロ弾き語りももちろん素敵なのですが、バンドだとなお引き立つような気がします。
そしてアンコールで戻ってきた彼らのうちの1人がなぜだか服脱ぎランニング
さっきまで真ん中でギターやピアノに着いていた滝本さんがなぜか後ろでベースギター
「星を食べる」くるな・・・と思ったらまさかの「さよなら人類」
ほんっとに楽しかったです、行けて良かったです。
終わった後別階のふらんす座でご飯を食べましたがこれもとてもおいしかったです。

d0111350_20551261.png
●映画「予告犯」見ました
そのまま友人宅に泊まらせてもらって
次の日映画でもみようぜーとかねてから見たかった
「予告犯」をプッシュして付き合ってもらいました。
筒井哲也作品は前々から実写で見たいなーと思っていたので
映画化が発表された時はわぁぁいとそりゃもう嬉しかったわけです。
そんな原作ファンですが映画見た感想は素直に良かったです!
筒井先生の持ち味である綿密な取材や資料取得によって作られるであろうリアルさは
特に警察側がおざなりでずいぶん残念な部分もあったのですが
(わかりやすいのはラストの病院のシーンとか追いかけっことか)
シンブンシをメインに描かれた映画版の物語としてはとても良かった
原作にはないシーンを多分に挿入してシンブンシ側の友情物語の盛り上げ方はさすがだなぁと
ただまあ、警察側の描写の雑さがまあ目に付いてしまうのですが
それならいっそ警察を完全な脇役にすればよかったのにねぇとも思っちゃう。
しかし女刑事吉野の「彼らの置かれた環境をあまり理解していない」という改変は
それを知って行く過程という映像演出に繋がっていてなかなか盛り上がって好きでした
見た後原作未読の友達の疑問不満点に原作ではこうだった!ああだった!とか色々弁解しちゃったのですが
個人的にはこの映画化はわりと満足です、役者さんたちがすごく良かった。
個人的に「マンホール」がとても好きでぜひ実写で見たい!と思ってるので
こっから他作品に繋がってくれたらいいな~とか思ってます。

以上ここ1カ月の天津でした。


[PR]
by tenkuri | 2015-07-08 20:56 | 日常

じゃんじゃか雨

d0111350_0474088.gif

台風だとかで久々にとんでもねぇ雨でした
大粒であまりにもバタバタと傘を打つのでなんかこんな・・・。
なんか朝からずーっと降ってるしやっとさっきやんだし
明日歩きの用事があるんでぶり返してこない事を祈ってます。

d0111350_049278.gif

雨降ってると
斉藤和義の「どしゃぶりジョナサン」とかパスカルズの「かもめ」とか聞きたくなります
どっちもカモメじゃねぇか、なぜ。
しかしどっちも胸が締め付けられるほどきれいで切ない
「かもめ」のほうは先日購入したライブDVDに収録されていたものですが
それ以外で音源化されてないそうですね
でもこの曲をCDで聞いてたらここまで好きにならなかっただろうなぁと思います
あのマツさんの激しい動きがあってこそというか、他のライブだとどうなのか知らないのですが。
外に行ったらパスカルズを見たくなる
パスカルズを見たら外に行きたくなる
いつかパスカルズ見に外に出かけられたらいいなぁ。
[PR]
by tenkuri | 2011-05-11 00:59 | イラスト
d0111350_17312113.jpg

福岡での公演決定を知ったのは駅で電車を待ってる間に携帯でツイッターを見て
ハタから見ればさぞ不審だったと思います、ニヤ~っとしてねぇ
私みたいなつい最近もう解散してしまった人たちを知った立場では
もう新しいものを見ることはふつうできないので、それがすごく嬉しかった
今は動画サイトでそんな自分の様な人でも当時の映像を見る事が出来るけれど
あの周りに同じ物を見に来た人がいてみんな見てるっていう状況は動画サイトには無いので
そんな中にいま自分がいるんだというだけで座席に着く早々感極まってしまいました。
駅から劇場に向かうエレベーターで
変な格好したにいちゃんがいるなと思ったら案の定たまの映画
劇場には学生さんからおじいちゃんまで色んな人がいて
そんな人たちが場内に入って行くのを扉の横で見てる今泉監督さん
笑い声が聞こえたり、目の端にちらっと涙を拭く仕草がうつったり
きっとこの時間を過ごした人の大切なものになるだろうそんな映画でした
見たら解ったことですが
この映画が「たま」である必要は無く
どちらかというと「音楽という表現活動で飯食ってるおじちゃん達の映画」のほうが合ってる
なので表現活動や趣味や不安やなにか決めたことがあるだとか
そんな人は見たらいいと思います、若い人は見たら良い。
たまの事は、石川さんのHPで公開されている「たまという船に乗っていた」を読めば解ります
柳原さんがいない事や劇中の高円寺さんぽ等合わせてみるととても面白いです。

ライブ風景たっぷりで石川さんのサービス精神炸裂
映画館だけど笑うところで笑い声を立てる事になんの遠慮もいりませんでした
エンディングである知久さんの「ちょっと今ココだけの歌」がはじまり
周りの鼻すする音聞きながら
あぁ終わってしまう
そんなこと思ってると熱が出た時の様な、体が浮いていく感覚がしました
まだここにいたい。
印象的だったのが
知久さんが飼ってる生き物の紹介をしているシーンと
ホルモン鉄道のライブ映像時の会場の盛り上がり方が一緒だった事
フクラガエル=かわいい
ホルモン鉄道の盛り上がり=フクラガエルの盛り上がり
つまり
ホルモン鉄道=かわいい

18日は福岡での上映最終日で
同日にライブをしていた滝本さんと今泉監督が舞台あいさつに来てくれてました
監督が話している間なんか手遊びしたりギター鳴らしたり
映画会社の方が用意した質問に映画会社の方に向けて答えたりしてる滝本さんが大変面白かったです
2曲ほど歌って下さったのですがそのマイクの準備中
「まぁ、別に聞こえなくてもね、雰囲気だけわかれば・・・」
と後ろの方の席の人をびびらせる発言をし客を笑かす滝本さん
初めて聞いた生歌は
CDや映像の印象よりもずっと通る声量で
響いた音が足の先から入ってきて痺れながらおなかに溜まってゆく
そんな感じでした。
石川さんが「ライブは見た方が良い」と言っていた意味が実感として知れました
音源じゃ足から入ってこない「死んだらもうライブできないからね」石川さんが言ってた。

パンフレットに監督からサインを頂き映画会社の方に北九州よろしくと伝え
帰りの電車は終電でした。
JRの終電には間に合いましたがそのあとの地元鉄道はとっくに終電終わっており
タクシー乗るのもなんなので歩いて帰りました
前日の雨と強風で空は均一に薄く曇っていて月だけがぼやけて出ていました
あれっ、と思って上を見上げると月の周りに丸い虹が出ていて
どうせ田舎の深夜、周りには車しかいないのでそれを眺めながらゆっくり帰りました
滝本さんが歌って下さった「星を食べる」を口ずさんでみたけれど星、出てない
知久さんの「月が見てたよ」が口をついて出て
家に近づくにつれて頭の真上になって行く月の虹を見上げて
20分の道を1時間かけて歩きコンビニでサンドイッチを買って
そんな夜でした。
[PR]
by tenkuri | 2011-02-19 18:27 | 日常
d0111350_38558.jpg

水彩をはじめてからはウパルパを塗る時はずっと
ホルベインのターコイズライトを使っていたのですが
私の中のウパのイメ-ジとちょっと違う気がしていて
色の性質が紙の目に凄く詰まってボコボコが目立つので困るなーと
それでなんか良いのは無いもんかと画材屋さんの色見本を凝視し
クサカベのスカイブルーを買ってみました。

とりあえずパレットに出そうとしたら
油だか粘着剤だかが異様に出てきて、なかなか絵の具が出てこなくて
まさか不良品に当たったかとヒヤヒヤしました
マルマンスケブでおためし、ホルベインに比べて硬い感触でちょっと泡立つ
乾いたあとを触ってみたら紙に吸われないのかザラザラしていました
なんかガッシュっぽい、よく見たら半不透明色とか書いてた
そのおかげか紙の目はぜんぜん詰まりませんでした、マルマンでは

青と言えばよく使うのですが
ことコバルトブルーは紫だの黒だの作るのにも使っているので減りが早く
パレットのを使い切っていたのでクサカベ出すついでに出そうと見たら
チュ-ブ出口の方までクルクルになっていました、買ってくりゃ良かった。

その画材屋さんは本屋ビルの中にあるので
ついでだし漫画買うかーとコーナーへ
なにか新しいのを読みたいなとぶら下がっているお試しを読んだりして
面白そうだったんで「境界のRINNE」を買ってみました
あと「こどもの体温/彼は花園で夢を見る」「ガンスリンガーガール11」も購入
ガンスリ、購入の間が空いたせいか激しい展開についていけません
よしながふみ、こどもの体温が読んでみたくて文庫のを購入したのですが良かったです
後者のもさわやかに寂しい読後感で綺麗。

んで境界のRINNE
高橋留美子作品は犬夜叉をアニメ途中まで、漫画は人魚シリーズしか読んだこと無かったので
てっきり表紙見てこれもシリアスかと思ってたら不意打ち食らいました
なんなんだろう、この安心感。
どんな場所でも読める、そんなよくわからん信頼を寄せてしまいます
漫画と言えばちょっと読んでみたいのがあるのですが
タイトルわからず
たしか漫画大賞ノミネートされてた作品で
ゾンビ物だった気がするんですが、なんていったかな

欲しい漫画は大抵出版社の名前が見つからず諦めて家に帰ります
天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2010-09-23 03:40 | 日常

おおう

d0111350_2322657.jpg

この頃見た映画
グラン・トリノ
転々
アヒルと鴨のコインロッカー
映画幼獣マメシバ
12人の優しい日本人

グラン・トリノ、すごい良かった
転々、レンタルして見た数日後にテレビでやってた
アヒルと鴨のコインロッカー、以前テレビで途中からみてずっと気になってたのですが
猫の虐待シーンがあったのでなかなか手が出せず、やっと見ました。
マメシバ、びっくりした
ドラマの方が面白いけどあのオチのために見れる
しかし安達裕美って要ったのか。
あと33分探偵をレンタルしてきたんですが
やっぱりあれはDVDとかで見るものじゃないなと思いました

まーた一週間放置でした。
[PR]
by tenkuri | 2010-09-09 02:40 | 日常

クレイモア18巻

d0111350_4172256.jpg

本屋さんで買ったらコミックスを買った人へのおまけとかで
ワンピースのコースターを貰ったのですが
読んでないうえにゾロだったんですごく要りません
「欲しい人どうぞ」と書いて休憩所に置いてきました
以下クレイモアの感想、ネタバレはしてませんが一応注意で。

More
[PR]
by tenkuri | 2010-07-07 04:37 | 日常

映画とドラマとアニメ

おおー広告入っとる
7月からブログ記事の一番下にテキスト広告が入ります
これは私が入れたものではなくブログの仕様なのであしからず
にしても移転するだのなんだのとわざわざ言いに行ってる人の気がしれん。
どうやら記事ページでなければ広告は挿入されないんですね
複数表示の時にも全部入るのかと思ってましたまぁ良かった
使い慣れてるんでこんなことで移転とかはしないのですが
そろそろ画像容量を使い切りそうなのが気になります
むかーしのどうでもいいのは消そうかな、うーん。

展示会も終わったし久々にDVDレンタルしてきました
幼獣マメシバ(ドラマ)
バタフライエフェクト
アンパンマン いのちの星ドーリィ
を鑑賞、なにこの組み合わせ。

ねこタクシーつながりでマメシバ
家が金持ちな引きこもりニートの父親が死んで母親が失踪するというとんでもないストーリーです。
基本笑いながら見てたのですがギブミー編はうっかり泣きそうに
二郎が初めて大声を出すシーンはびくっとしましたがなんだか痛快でした
話し方や口だけ達者な様子、大声をあげたときの感じなんかなかなかのリアルさ
被害妄想のくだりで父が「あるある」とつぶやいた時はどう声をかけたものかと思いました。
食事風景で二郎のささやかな成長を表現してたりするのも面白い
ねこタクシーといいマメシバといい映像がすごく良いですね
ネコナデ(映画)も見たのですがあれは画面が暗すぎてなんか疲れました
私が真面目一本のおっさんじゃないからか
ねこタクシー映画版見たいのですが行ける範囲に上映館がありません
本当、東京で見てくりゃ良かったな
行こうかとも思ったのですがあんだけの迷子やらかしてるし
きっと泣くだろうので一人でいくのもなんだしでやめたんですよね
今のところ先の上映予定も無し、あー、行けば良かった!

バタクライエフェクト
切ねえぇぇぇぇぇぇ
命焦がれるような恋愛なんぞしたことのない私の感想はこれだけです
終わりから三番目の未来は本当に眉間にシワな辛さでした
2はなんか評判悪いんで見ないでおこう。

アンパンマン
そもそも最近なんとなくアンパンマンに関心示しだしたのがこの映画のMADをみたから
アンマンパンってこんな熱い話だったっけ?とさっそくかりて見ました
やられました
アンパンマンが振り返って笑って見せるシーンはもちろん素晴らしのですが
そのあとのドーリィを抱いて広場に行くシーン
あの葬式的な雰囲気はものすごかった
しょせん幼児向けアニメなんて口が裂けても言えないぐらいに。
「誰、アンパンマンなんて借りてきたの」という母の言葉に耐えて見て良かった
今アンパンマンのマーチやアンパンマンのあの顔を見ると色々込み上げてきそうになります
アンパンマン体操もあぶないです「アンパンマンは君っさー」なんて
そうかなぁ、私もアンパンマンになれるのかなぁとか思いつつ涙ぐみます
こうなったら他のも気になります
だだんだんは遠い記憶で見た覚えがあるような、ないような
とりあえず評判の良い勇気の花あたりを見て見たいと思います
ブラックノーズも気になります、あらすじ見る限りではなんか面白そうです
もちろん1人で映画館に乗り込む勇気などなく、あー、子守りとか頼まれねーかなー
しかし、やなせ先生に見せられるような大人にならないといけませんね、ハハハ

映画と言えばミリオンダラーベイビーの2度目を見ました
内容を踏まえてあれこれ考えながら見てたら1度目よりやられました
この映画、あんまり深く考えながら見てはいけません、落ち込みます。
映画言えば今度ジブリ映画が連続放送されますね
私トトロと耳すまと魔女宅ぐらいしか最初から最後までちゃんと見たことがないんですよね
ナウシカなんてOP知りません
そんなわけで平成たぬき合戦ぽんぽこをやってほしいのですがラインナップに入ってない
昔おもひでぽろぽろと一緒にビデオがあったのですが
幼かったんで内容全く解らなかったんですよね、なんでたぬき妖怪になってんのーって
ぽろぽろなんてどう考えても園児が見るもんじゃないし
もっかい見たいなぁ。
[PR]
by tenkuri | 2010-07-02 03:23 | 日常

みたりしたり

d0111350_021223.jpg

幽霊ものじゃないから大丈夫だろうと"デメント"のプレイ動画を見ました
怖すぎてどうしようかと思いました、何アレ。

先日深夜に"ミリオンダラーベイビー"があっていたので録画
放映当時からCMで気になってた映画
ラストはネタバレ見ちゃってて知ってたんですが無関係に良い映画でした
主役二人がなんだかかわいらしくて、すごく好きになりますね
試合シーンもボクシング詳しくないおかげか普通に楽しめました。
エンディング後も評判ほどそんなに後味最悪とは思わなかった
茫然とはしたけど、これは愛の物語なんだなぁという感想。

気まぐれに初音ミクを初めて描いてみたのですが
ありゃ大変描きやすいですね、なるほど
ボカロってなんかいっぱいいるんですねー
黄色いのまでしか知りませんでした、でもデザインも黄色いのまでが好きだ。

四畳半神話体系を見ていたら母がやってきて、しばらく画面を見たのちに
「この左の人(小津)気持ち悪い」
と告げてきました。
んなこと言われても困るので
「いいんだよ、妖怪だから」
と返しておきました。

うぱるぱカレンダー、7月が浮かびません
シリーズの元になった以前描いた7月が結構気に入ってるもんだからどーも
困ったな。
[PR]
by tenkuri | 2010-05-24 00:23 | 日常
d0111350_21452224.jpg

今更ながらイバラノツルヒコさんの本を買ったのですが
あれブログ本かと思ったら完全描き下ろしだったんですね、素晴らしいエレガンスでした
で、その日は色々と買い物の用事をためて行ったのでくたびれて
腹も減ったし喫茶店でケーキセットとしゃれこんでみたわけです
ショーケースにモンブランがひとつ残っていたのを見たのでそれを注文。
喫茶店で紅茶飲みつつイバラノツルヒコ、素敵。

他に「片桐君ちに猫がいる」「山椒茶屋インコはじめました」「ゴーストハント6(文庫)」も購入
片桐君は猫飼い経験がある人はすごく面白く読めますよ
リアルです、片桐君が。
猫へのしゃべり口調とか謎の抵抗とか覚えがあることがちょいちょい笑えます
またもや今更ですが作者さん結婚されましたね
なぜかわかりませんが景都さんにはすごい幸せになってほしい。
〝山椒茶屋〟インコ特に好きでもないけど好きで
本が発売されると聞いたときは例題のごとく「画面外で読めるぞやっほい」と楽しみにしてました
本屋に行ったら無くて、近くにある別の店舗に聞いてくれるというのでお願いしたのですが
「○○店ですー、お伺いしたいんですがー」
「サンショウジャヤ、サンショウ、サンショウ」
「はい!で、イ・ン・コ、はい鳥の!鳥のインコですー」
まぁ無事あって買えたのですが、色々辛かったです。
このテの本って大抵ページの割に高いんですが
ブログでも綴られてたように思ったよりページ数があって表紙裏もかわいいし
満足な本でした。
ゴーストハント、最終巻は来年だそうですが出るんでしょうか
かなり違和感残しながらの展開なんですごく気になります

最近はなんだかよくものを買うなーと反省中
しかしパソコンに続いて大きな出費がまたあります
あぁ~、大丈夫なのかな~
早く詳細書けるよう走り中です。
[PR]
by tenkuri | 2010-04-10 22:10 | イラスト

えいがみるみる

『大丈夫であるように』『寝ずの番』『ゲット・スマート』『サマー・タイムマシンブルース』
見ました。
で、サマータイムマシンブルースに思い切りハマってしまった
SF研の元に現れたタイムマシンを恐ろしくスケールの小さいことに使って大騒ぎするという話
ダメだ好きすぎる。
あらすじ見て、まずはリモコンでその後があるもんだと思っていたらまさか全部それとは
最近テレビでやってたのを見てもう一度見たくて借りたわけですが
正直、一度目の導入部はまるで面白くないです、2度目が楽しい。
そしてコメンタリーでタオルの行方を追い
そこで仕入れたコネタを拾いに4度目、と。
皆なぜあんなにウザい演技が上手いんだろう、ぜひ舞台版も見たい。
同じコメディでゲット・スマートも面白かった
どちらも安心して見れるものです
まったく安心できないのが寝ずの番、あんなに下ネタが酷いとは
三文字言葉の連呼連呼でした、決して家族団欒の場で流さぬよう。
好きな曲「バイバイパンプキンパイ」が出来上がっていく様子が素敵な大丈夫であるように
レビュー等で酷評されていた頭越しや距離ですがむしろ好感が持てました。

あと何見ようかなー。
[PR]
by tenkuri | 2010-01-30 19:50 | 日常