イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri

<   2007年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

メイド用心棒。

d0111350_20473959.jpg

完成しましたー
背景がないのはいつものことだからね、つかこれにどうつけろってね。
ちゃんとレース描きましたよ、しかもエプロンとスカートの違うやつなんですよ
足が異次元なのは気づいた時には手遅れだったので見逃して。
一応質感での塗りわけ意識してみたのですがどうでしょうか?
靴は案外イケてるんじゃないかと思いますが。

そういやハロウィンですね
考えてみればヴェルクト一味ってうってつけだなぁ
ということに気が付いてはや一月、描けば良かった。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-31 21:01 | 日常

ドラマの如し。

d0111350_2054448.gif

今日、日本の車窓からこんなのを見かけてテンション上がりました
いやぁなんかもういいねぇ、ばっちりだね
男のほうが坊主でジャージってのが高ポイント
田んぼに囲まれて謎のコンクリブロックに座ってるなんてまー。

ニコニコで描いてみた動画みまくってます
じじいの歌が頭から離れない…
チーターマンのクオリティあげてる人の絵が好きで困る
あの人の動画はリピートするとさらに楽しめますね、犬ひでぇ。
人の描いてる過程を見るのってどうしてこう楽しいのでしょう
そして皆うますぎ、動画として出しててあんまり直したりしてないのが凄すぎ
本当に上手い人のってアタリとかとった時点で上手いってわかるもんなんですね
ね?簡単でしょう?とか言われてもこの時点で無理だボケ!タグは正しい。

作業用BGMのつもりが聞き惚れて作業妨害BGMに化す天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-30 20:11 | 日常

もうタカヤでいいや。

d0111350_23435563.jpg

日が浅くて愛着がないからかなかなか設定が浮かばない彼
なのでSAI練習がてらちょっとカラーでやってみました、水彩ペンおもしれー
髪の毛が野生児みたいになっちまったい、本当はもっとまとまってるハズ。

カラー設定は作ってすぐ決まってました、あと見た目からして皆とは仲悪そうだなとか
大抵はつくってその日のうちにあらかた設定できちゃってたんだけど
どうもこの子なかなか浮かばない、性格とか口調仕草なんかはあるんですが
「なんであの館に居るのか」というところがサッパリ
他のは全員あるのにどーしよー
でも良く考えたら他の連中も作ったのは何年か前で
最近存在思い出してあれこれ決めたんだよなぁ
つかよくそんな昔のキャラにポンポン設定つけれたな。
タカヤにもそんくらいの間がいるのだろうか、でも小説始めちまったよ
3話考えてないけど。

名前がやっつけなのが困るところ、結局改名できませんでしたよ
とりあえず女装癖という設定をつけようかつけまいか悩んでいるところ。

眼帯無し
[PR]
by tenkuri | 2007-10-29 23:51 | 日常
今回とっても「」が多いです、子供達の奇声を書くのが非常に楽しかった
今回ネタ回です、真面目な気持ちで読まないでください
今回途中規制入れてるところありますが脳内補正してください

続き
[PR]
by tenkuri | 2007-10-29 22:05

ヴェルクト開始。

少し前に出しまくってた奇術団の話です
のほほん。実は次の話し考えてないんだ、だからはじめてみたんだ。

ヴェルクトって正直漫画向けなので
ただでさえ文章力無い私だから本当にグダグダになってしまうかもしれません
でもまぁなんとかなるさ、うん
で、もしなんとかなったらあやめのをやってみようかなぁとか思ってます。

のほほん。はあと数話考え付けば全話出来上がります
冬休み編とかやりたいけどその辺は思いついてない。
あとヴェルクトはどっちかというとショウの様子より
団員達のことを書きたくて仕方がないのでそのへんないがしろかも、良くないね。

しかしあれですね、のほほん。はあんなのですが
ヴェルクトとかはアクション入ってるんで本当ムズい、わかんない
ショウの様子とかどうしよう、昼はともかく夜とか
そもそもここのブログの規約違反にならないかなぁ…大丈夫かなぁ。
擬音とか「ギャァァ」とか多用はあんまよくないよなぁとは思ってるのですが
じゃぁどうしろと、と勉強不足な私、天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-28 15:43 | 日常

SAI一貫で。

d0111350_18263054.jpg

黒髪ストレート・スレンダー・色白・ワンピースって
良く考えりゃ無明じゃん、というわけで。
SAI練習もかねてかきかき、ほら、望み通り年齢もちょっと上がったよ。

下描きから塗りまで全部SAIでやってみましたが
疲れたー!塗りムズい、勝手がわからないー
たったこんだけですごい時間かかりましたよ、3日てあんた。
やっぱ塗りはフォトショでいいや…うん
でもやっぱり髪だとか長い曲線でやる時はSAIがキレイだなぁ
それにJPG保存できるようになったのが嬉しい、いつまでタダで使えるんだろう。

髪の塗り未だ模索中。
今回はこんなしましたがわからんー
ある程度波打ってたりすると簡単なんですがね…ストレートがね
特に黒なんてね、ムズイね、無明強いね。
今度久々に王子も描いてやろう。

これ描いてる間ずっとニコニコのデジモンメドレー聴いてました
おかげですっかり脳内演奏さ!いやぁやっぱ良いなぁデジモン曲
ベスト10の終わりのほうは確実に作業妨害BGM。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-27 18:30 | 日常
d0111350_18354851.jpg

実はまだやってました、お菓子擬人化。
リッツって久々に食うとやたらおいしいですね、あのかみ締める感じがたまらん
手に油つきますが、あとあの袋ちょっと食べづらい。

d0111350_1837320.jpg

どうにもわからん、検索しても火傷してすぐの画像なら出るけど…
あとは特殊メイクのとか、んー大げさじゃなくて良いのに。
知ってる人教えて。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-26 18:37 | 日常

真夜中インストール。

昨晩、12時時ごろ
外でバカでかい声でアンインストール熱唱しながら歩いてる人がいたんですが…
なんだったんだ、恐ぇよ。

d0111350_16401653.jpg

相関図からインスピレーションで用心棒メイド
塗ってますが色分けしてる時点でエプロン書き忘れたことに気がつき
あわてて追加直描き、よかったー!ギリギリだったー!
そういや久々に紙に描いたなぁ、全身ポーズ付きなんてなおさら
そういやこの言葉ってメイド侍とかぶってる気もする。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-26 16:42 | 日常

新聞上では「もやし」

昨日の話し、ついに福岡のテレビにもやしもんが。
わーいこれでニコニコ視聴しなくてすむぞー
高画質大画面で見るとあれこれ発見が
OPのセレビシエの足ってあんなに動いてたんですね、ちょっと虫っぽい
同じくOPのオリゼーとか、瞬きしてたのか・・・こまけー
あとキビヤック吸うシーンもあんなに力強く吸ってたんですね、食事中は見れませんね。

もやしもん、録画だけするつもりがうっかり見てしまい
なんとなく目が冴えて番組表とか見てたらグレンラガン発見
いろんな所で見かけてどんなだろーとは思ってましたが感想、熱い。
これだけ、なんかもう他に思うところありませんでした
合体のシーンとか深夜なのにえーっとか声に出して言っちゃったり
その回自体途中から見たしもう何と戦ってんだかサッパリ
ただただ押し流されてえーっ連発。
タイトルにも新聞にも第何話なのか載っておらず、一体どの変の話なのやらサッパリ
私が見たのは一体何話だったのでしょうか…。

ところでもやしもん6巻発売は来年だそうですね
もうそろそろかと思って図書カード死守してるのに…
今回のおまけ付きは2000円ちょっとだそうです、高ぇ
なんでも40cmオリゼーぬいぐるみとか、ピカチュウサイズかよ
まぁアニメ化もしたしなんかあるだろうとは思ってましたが
いい加減普通だけか2・3巻みたいな価格に影響の無いものにしとくべきなんじゃ
こう連発で高くなるものだされちゃ、ねぇ。
今回は普通のにしときます…
ぬいぐるみはUFOキャッチャーあたりで手のひらサイズが出れば良いと思う、天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-25 23:10 | 日常

こどもがえり。

最近夢水清志郎シリーズを読み漁っていて
今日クイーンシリーズもかりてみました、まだ読んでませんが
表紙絵がラノベっぽくてちょっと恥ずかしい!慣れない!
3作目のヤツと教授と一緒に出てるやつ、明日ゆっくり読もう。

はやみね先生のサイトで魔女の隠れ里の未解決事件読めるんですね
姉のやつ、気になっていたんで知ってすぐに読んだのですが
うん、なんつう後味の悪さ…こりゃ未公開だわ。
そういうのだろうなーとは思ってましたがこうして文にされるとなかなか
魔女の隠れ里ってこれも含めてなんか嫌な話ですね
私は大江戸編好きです、江戸時代の彼と現代の彼はまったくの同一人物と信じてます
まぁまだシリーズ全部読めてませんが、もう文庫本だしあれだったら買おうかな
でも新装のほうは村田先生の絵じゃないからなぁ…
漫画のほうは色々と無理だ、ブックオフにあったら読もうかなぁぐらい。

そういうわけでなんか児童向けにハマっているのですが
これで思い出した、そういえばウチにもなんか青い鳥文庫があったと
「ノノック王の涙」という本で終盤なんかグロかったような
探したら見つかりました、今読み返してみてます。
うんそうそう、カメがなんかね、で魔物のイラストがヤバイってね
まだ最後までいってないんでよく思い出せませんが
なんだかんだで児童書っておもしろい。
子供に飽きさせないように書かれてるからか大人が読んでつまらんってことはない
そんな風で小学生の頃読んだもののことを思い出してます。

そしてそういやぁアレ、となったのが「怪盗あんぱん」
学級文庫として置いてあった本なのですが
男の子と女の子(多分姉弟)が日本全国を旅して周るとかいう名物紹介漫画
そのなかに怪盗アンパンというわけのわからない人物が出てきて
弱点はあんぱんであんぱんを見せると「あんぱん怖い」と飛び上がる
地獄温泉に飛び込んで飛び上がり氷に抱きつくという古いギャグをかまし
うどんの食いすぎで腹下したり(「ぴっぴ食べすぎてぴっぴになった」というセリフを覚えている)
あんぱんを原料にした蚊取り線香焚かれて落ちてきたり
無駄に細かいところ覚えてます、もしかしたら全国じゃなくて九州本かも。

「口引っ張りながら学級文庫って言って~」というバカは溢れかえってました
天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-25 22:04 | 日常