イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

クレイモア16巻 感想

d0111350_2330682.jpg

毎回急展開なクレイモアですが今回もまたえらいことに
新キャラがいくつか登場しましたがやっぱり魅力的ですねー
ディートリヒ、あんな可愛い見た目なのに超武士
なんだかジーンを思い出させます
あと敵側の新キャラはちょっと夢にでそうなぐらい怖いですね
16巻はデネヴ、ヘレン中心の話で2人の絆が描かれてます
いやぁ、ヘレンって意地が悪いけど良い奴ですねぇ
良い人ではなく良い奴、是非生き残って欲しいです。

いつものクレイモアは
毎度毎度いいところで終わりやがって!続きまだか!といった感じですが
16巻はなんか、なんだろう
ちょっと敏感な人なら読後3日間ぐらい落ち込んじゃうんじゃないでしょうか
そんな内容でした。

以下超絶ネタバレにつき注意↓






冒頭で判明したルヴルの正体、なるほどなぁ。
でもそれだと黒服が老けない理由がまた謎に。
人によっては髪の毛が妖魔っぽかったりするので
私はかつての男の戦士たちがなんらかの方法で力を捨てて
組織を運営しているのだと思ってたのですが
それだとスパイであるルヴルも老けてないのはおかしいですよね
それかそういう人種なんでしょうか、うーん。

16巻での急展開、イースレイの死ですが、やられました。
まさかイースレイに泣かされるとは思わなかった…
ヘレン達との戦いでしっかりその強さを見せられた後ですから、ただただ悲しかった
あれだけ強く余裕綽々といった顔していたイースレイの変貌と悲惨すぎる最後
あまり好きなキャラではなかったですが
もしかしたらこれまで死んだキャラの中で一番悲しかったかもしれない
死にたくないなぁ…
というなんとも人間臭いモノローグが悲しい。
それにしても組織はつくづくクズですねぇ
深淵喰いのデザインも目的もホラーの域です
あれも元は戦士として買われてきた少女達なわけですから…
うん、組織つくづくクズ。

なんだかそろそろ終わりに向けて走っているように思います
どうなるんでしょうね…。
[PR]
by tenkuri | 2009-06-25 23:30 | 日常