イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

おやすみプンプン

マンガノゲンバで紹介されていてもんの凄く気になったので
とりあえず一巻を読んでみました。
特に子供の頃のことをよく覚えている人にはたまらない作品
ノスタルジィとかそういうのじゃない、精神面。

これでもかと描き込まれた人物に背景
が、主人公は誰でも描けそうな落書きのような鳥のような生命体
名前もプン山プンプン
でもどこにでもいる普通の男の子。
出てくるギャグはすべてシュール(「あたた」とか)
大人はすべてヘンで家庭は複雑。
ぼのぼの人間版、鈴木先生子供版という印象
読んでるとなんとなく不安感や気持ち悪さ、悲しさが浮いてくるような。
そんな漫画。

上手いなーと思ったのがプンプンの性の目覚めシーン
タペストリーのようなのが脳内に広がったり
病気だと心配して騒いだり、恐怖したり
残念ながら女なので解らないのですが、弟をみる限りあんな感じの模様。
ヒロインがべらぼうに可愛いのも良い、あと神様最高。

こういう憂鬱漫画は大抵どっかにに休憩キャラが居るもんですが
これは人によってそれが違うような、私は雄一おじさん。

ところで私、表紙裏を見るのが習慣になってるのですが
「おやすみプンプン」は見てちょっと後悔した。
[PR]
by tenkuri | 2008-06-01 00:36 | 日常