イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

夢見るお年頃でもねぇ。

ここ最近毎晩夢見てるような気がします
ホント夢日記でもかいてやろうかなってなぐらいに
でも起きて活動し始める頃には大体ぶっとんでいるので無理なんじゃないかな。

今回見た夢、覚えてるところだけ。
誰かと歩いていて(友達らしいが誰かはわからない、そっち見てない)
雨が降り出したので傘をさすのだが物凄い強風で必死に傘を捕まえている
そしていつものごとく飛ぶ、そりゃもう自然に浮く
なんかばあさんの頭の上とか跳び越して坂道を傘に持ってかれながら滑り落ち
足ブレーキでなんとか止まる、ここで傘はなぜかオレンジの風船になっている
そしてこの風船の浮力がまたハンパ無い、すごい浮く、必死に捕まえている
友達と思しき人物は赤い風船を持っている。
しばらく歩くと前方から男の子と女の子が歩いてきて風船をあげることに
友達の赤い風船はちょっと弱くなっていて普通に浮いているのに
私の風船はやぱり強力に上へと行こうとして子供に持ちやすいようにと紐を輪にすることに
しかしそこは強力浮力、なかなか結ぶ隙を与えずふと紐を握っている手を見ると
食い込んで切れていた、そんな恐ろしいモン子供にやるな。
それでも抱え込むようにしてがんばっていると風船が鼻をかすめちりっとした痛みが
輪を何重にもして太い紐みたいにして子供に渡す、紐凄い短くなっている
子供達が去ったところで母がゴミ袋を抱えて部屋へ入ってきたので目を覚ます。

…思うに、風船のくだりは都会のトム&ソーヤのせいだと思います
あと、強烈な浮力を持つ風船は猫の尾でも掴んでいたんじゃないでしょうか
それで鼻をひっかかれでもしたのか痛ぇと。
もしくは自分の腕でも掴んでたかな…まぬけだなぁ

そういえば前に黒い猫を抱いて終わる夢を見たのですが
その時は猫がどんどん薄くなって抱いている感覚が無くなって
びっくりして起きたのですが、現実で腕は抱くような形で頭の辺りに
つまり自分の頭抱えていたんでしょうか、きめぇ。
他にもDSで遊んでいる夢を見て目が覚めると右手の爪で床叩いてたとか
そんな恥ずかしいのが諸々。
[PR]
by tenkuri | 2007-11-16 01:57 | 夢日記