イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

こどもがえり。

最近夢水清志郎シリーズを読み漁っていて
今日クイーンシリーズもかりてみました、まだ読んでませんが
表紙絵がラノベっぽくてちょっと恥ずかしい!慣れない!
3作目のヤツと教授と一緒に出てるやつ、明日ゆっくり読もう。

はやみね先生のサイトで魔女の隠れ里の未解決事件読めるんですね
姉のやつ、気になっていたんで知ってすぐに読んだのですが
うん、なんつう後味の悪さ…こりゃ未公開だわ。
そういうのだろうなーとは思ってましたがこうして文にされるとなかなか
魔女の隠れ里ってこれも含めてなんか嫌な話ですね
私は大江戸編好きです、江戸時代の彼と現代の彼はまったくの同一人物と信じてます
まぁまだシリーズ全部読めてませんが、もう文庫本だしあれだったら買おうかな
でも新装のほうは村田先生の絵じゃないからなぁ…
漫画のほうは色々と無理だ、ブックオフにあったら読もうかなぁぐらい。

そういうわけでなんか児童向けにハマっているのですが
これで思い出した、そういえばウチにもなんか青い鳥文庫があったと
「ノノック王の涙」という本で終盤なんかグロかったような
探したら見つかりました、今読み返してみてます。
うんそうそう、カメがなんかね、で魔物のイラストがヤバイってね
まだ最後までいってないんでよく思い出せませんが
なんだかんだで児童書っておもしろい。
子供に飽きさせないように書かれてるからか大人が読んでつまらんってことはない
そんな風で小学生の頃読んだもののことを思い出してます。

そしてそういやぁアレ、となったのが「怪盗あんぱん」
学級文庫として置いてあった本なのですが
男の子と女の子(多分姉弟)が日本全国を旅して周るとかいう名物紹介漫画
そのなかに怪盗アンパンというわけのわからない人物が出てきて
弱点はあんぱんであんぱんを見せると「あんぱん怖い」と飛び上がる
地獄温泉に飛び込んで飛び上がり氷に抱きつくという古いギャグをかまし
うどんの食いすぎで腹下したり(「ぴっぴ食べすぎてぴっぴになった」というセリフを覚えている)
あんぱんを原料にした蚊取り線香焚かれて落ちてきたり
無駄に細かいところ覚えてます、もしかしたら全国じゃなくて九州本かも。

「口引っ張りながら学級文庫って言って~」というバカは溢れかえってました
天津でした。
[PR]
by tenkuri | 2007-10-25 22:04 | 日常