のほほん。キャラ紹介1

画像入れ替えました。
翔たち4人の解説や初期設定との違いとか「のほほん。」の裏話とか
今翔たちの居る村についてもちょっと説明します。



もともと中学の頃描いていた漫画「のほほん」を基にしています
あんまり変わってませんが初期設定とはその頃の設定です。

d0111350_17202789.jpg

神田 翔(かんだ しょう)
一応主人公、のんびりぼんやりスタイルの男
美容院に入る勇気が無くて長髪に
カラーは茶色だったりするが別に染めたわけではない
黒のタンクトップを着ていることが多い。
*消滅した初期設定
・話す時人差し指を立てる癖(家族全員、つまり遺伝)
・街にいた頃寂しくて花屋の商品に突っ込む
・家が元民宿(何故か→当時読んでいた漫画がマンキンだったから)
・弟がいる

椎名 瀧(しいな たき)
翔の彼女だが完全に尻に敷いている
表情薄く翔とは反対になんか物騒
*消滅した初期設定
・霊感がある(何故か→当時読んでいた漫画がマンキンだったから)
・彼女も村の出身
・歳の離れた姉がいたが死んでいる

d0111350_17211426.jpg

田中 賢(たなか けん)
翔の母の姉の息子、圭の兄
まぁわかってるとは思うがやられ役
カラーは兄弟そろって緑だけど別に染めてるわけではない
ファンタジーだから。
*消滅した初期設定
・瀧にホレる(でもすぐ覚める)


田中 圭(たなか けい)
賢の妹、しっかりものだが米を洗剤洗うなどやらかしてくれる
いいこだけどゴキブリだけは本当ダメ
出身はもう福岡でいいかなー?とは思ってますが
どうせなら東京とかがいい・・・でも東京知らない。


*村のこと
タイトルの「のほほん」は村の名前だったりします
そのへんの地名を昔は「野穂(のほ)」と言い
そして野穂村という小さな村があって、その近くにあったのがこの村
場所はほぼ同じだけど大きかったこの村が「野穂本」
やがて合併し「野穂」はなくなりましたが名前はそのままです。
ちなみにどこ県とかあまり考えてませんファンタジーです
でも私が福岡なので福岡っぽい色々があるかもしれません。

野穂本には山神の伝説があり神隠しにあうとそこから救ってくれるという
「野穂猫」が伝わっています、この伝説は村の名物として
「のほねこ」という名で様々な商品が売られています。

*漫画時代のこと
いきなり翔が花屋につっこむシーンで始まる漫画でした
結局描くのに飽きてそのままだったのですがキャラがなかなか気に入ってました
特に賢・圭兄妹は非常に描きやすいのでキャラ指定の無いキリバンなんかで描いてました。

2日目は翔の友達に賢達を紹介しに行くという流れでしたが
無理やりすぎるので小説ではちょっと変わります。
翔の友達も中学生なので色々と無茶な設定が多く
特に猟師の娘「勇」は常に猟銃を持ち歩き教室でもぶっぱなすという
とんでもないキャラでした、さすが中学生設定。
あとこの子の弟が熊飼ってます、そこはそのまま行きますが許して。

瀧は中2臭ぷんぷんなキャラでした、いや今でもなかなかですがもっと
笑わないとか霊感とか実家がでかいとか大好きですね、ホント
今はちょっと笑います、ゲラゲラはいきません。

当時漫画を描いていたのは私だけではなく
4人ぐらいで描いては見せ合っていました、私は誘われたクチです
なのでその仲間をモデルにしたキャラを出すのはあたりまえ
このあと登場する「清実」「勇」は友達モデルです
清実のほうは名前もそのままだったので新しい名前考えるのに苦労
出てくるすべての登場キャラにはちゃんと姿があります
でも描き分け全然だったので特に男子キャラはみな賢と同じ頭・・・
考え直さなくてはいけません、結構面倒です。

そういうわけで、色々と起こる予定なのほほん。
これからもよろしくお願いします。
[PR]
by tenkuri | 2007-08-21 17:22