イラスト描きのブログ、リクエストお仕事受けます。 サイト→パーマネント・ラプス


by tenkuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

夢のENDはいつも

小学校の体育館のステージに二人の男
たった十数人の生徒が体育座りでそれに注目している。
二言三言交わすとふいに利発そうなほうは裏へと引っ込んでしまう
残された男は今言われた内容
「どこかのショウではあんまり人が多すぎて床が抜けたらしい」
を恐れ、かたまって座る生徒達に「散れ!」と指示すると
さっきの男に続いて裏に引っ込んでいった。
幕の裏は板一枚隔てて中学の体育館で
そこには慌ただしく2人のマジックショウの為の準備をする生徒達と
それを見るために集まった福祉施設の利用者達
今日のホワイトデーにちなんだマジックショウを成功させるべく
利発な男の指示を聞き、きびきびと動き回り
運び込まれた道具類を組み立てる学生らは完璧だが
このまぬけな男はひとり失敗をやらかすのであった。

って夢をみました。

まぬけな方がなんかやらかしそうな予感を見せたところで目覚ましが鳴り目が覚めたのですが
なにが悔しいって間違って一時間早く目覚ましセットしちゃってたのが
あ~くそっ
マジックの道具は板に真っ白な柔らかいシリコン塗って
棒をたくさん刺したようななんかそんなんでした。
それにしても目覚まし…くそーっ
[PR]
by tenkuri | 2009-08-04 00:46 | 夢日記